FC2ブログ
美味しいフランスパン
渋谷東急本店前にあるヴィロンでランチをした。
明日のトリトンカルチャースタジオであるチーズ講座のパンを購入するという目的で行ったのだが、あそこのブラッセリ―は結構気にいっているのでお昼もついでに食べた。

ランチは1890円のものが最低料金。それだとメイン一皿にコーヒーがつくだけなので、メニューを見る限りでは「ちょっと少なくないかな?」と心配をしてしまうが、実際に頼んでみるとその一皿の量がかなりあるため、十分お腹がいっぱいになる。
今日私が頼んだのはお肉のお皿で(魚の皿もある)、子羊を煮込んだものにたっぷり野菜がそえてあり、クスクスも山のように盛られていた。(←料理名は忘れた)
味もわりと濃い目なのでどっしりガッツリの食べ応え。

そして嬉しいことにはヴィロンの「レトロドール」というバゲットが食べ放題!
この「レトロドール」はフランスの製粉メーカーがトラディショナルなバゲット用に開発した小麦粉で作ったバゲットで、今まで私が食べてきたフランスパン(バゲット)とは一味もふた味も違う食感と風味がある。
外皮はパリッとしているが中が白色ではなくてちょっとグレーがかったアイボリーで気泡が大きくモチっとしている。もともとモチッとした食感が好きなので(チーズもルブロションなどモチモチ系大好き)、このパンを初めて食べた時からすっかりファンになっている。味も小麦の香りがあり噛むほどにじわっと美味しい。
食べ放題なので遠慮なくおかわりを何度もしたので、一人で1本分は食べたと思う。

残念なことに午後から予定があったのでワインを頼まなかった。ワインがあれば3倍以上楽しめたに違いない!

あんなにパンをたくさん食べたが、朝食用に下のブーランジェリーで「レトロドール」を更に1本購入。
1日たってしまうと味は落ちるだろうが、絶対に家では焼けないパンだから美味しく食べられるだろう。


パン | 22:59:21| Trackback(0)| Comments(0)
理想とするパンには・・・
最近はまっているパン作り。
パン教室には約1年半通っていたが、これ以上のクラスは師範科なのでパンの先生になるつもりも無いし受講料も高いという理由で、とりあえず教室を離れて自分で好きなパンを作っている。

よく焼くのは朝食用の食パン(全自動のパン焼き機ではありません)とか、ライ麦粉や全粒粉を使った田舎パン風のもの。食パンはそこそこマスターして分量を見なくても適当に作れるようになったが、田舎パンはなかなか理想とするようなものが作れない。
パン屋さんが焼くような本格的なものが作れるわけはないのだが、出来上がるパンの方向性がまるで違うのだ。
どっしりとした重たいパンが作りたいがどうしてもふんわりと焼きあがってしまう。

作り方は基本的には同じだと思うから、酵母が違うんだろうな。
そして粉の配合とかも。

どっしりとしたドイツパンとかフランスの昔っぽいパンを教えてくれる教室ないかなぁ。

パン | 15:43:40| Trackback(0)| Comments(1)
前のページ