FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
発酵のセミナー
チーズプロフェッショナル協会の総会後の記念講演会で小泉武夫先生のセミナーがあった。

チーズに興味を持ち出してから、発酵ということについても興味を持ったし、パンを作るようになってからは身近にそれを感じるようになった。実は最近は糠漬けも自分でするようになったりして・・・。

なので今日は発酵についてどんな話が聞けるだろうかととても楽しみにしていた。
いろんな話をしてくださったが、私が非常に印象に残ったことは「発酵が地球を救う!」という主旨のおはなし。
多分先生もここのところが一番力の入った講義だったと思う。

「発酵食品」といえば健康に非常に良いものということは最近誰でも知っていることだが、その他にも「発酵」が現在直面している人類の問題を解決していく鍵を握っているということをおっしゃった。

それは「環境問題」。
毎日大量に出される生ごみは日本では92%焼却によって処理されているそうだ。その燃えた灰は田舎の山奥に埋められつづけている。低温で燃やすと危険なダイオキシンを発生するので、高温で燃やせる焼却炉を建設し対応をし始めているが、建設にかかる費用の他に莫大なランニングコストがかかっている。
生ごみを微生物によって分解させて堆肥にすれば、それを安全な形で自然に返せるし、それほどランニングコストもかからないらしい。
実際に栃木か群馬のある村では生ごみを堆肥にする施設があり、その生産物を有機農法に役立てているそうだ。一石二鳥。

その他「新エネルギーを発酵により得る」という計画が着々と進んでいるらしい。詳しいことは上手く説明できないので こちら とか こちら のサイトを参照してください。

36億年前から存在するバクテリアが人類の危機を救うキーワードになり得ると、まさに目から鱗の話が聞けた。


スポンサーサイト
チーズ | 23:42:48| Trackback(0)| Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。