FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
ポテトサラダの思い出
10年前の震災を自宅でモロに体験した。
お腹が大きかった私はぐっすりと眠っていたので幸か不幸か大きな揺れを感じなくて、地震のトラウマが全く無い。(ダンナのコラム参照くさだい)

横に眠ていたダンナの絶叫で目を覚まし、寝ぼけマナコで寝室の扉を開けるとダイニングキッチンはグチャグチャになっていた。
食器は飛び出て割れて破片が散らばり、観葉植物はぶっ倒れて土が散乱し・・・

今でも良く覚えているが、ダイニングキッチンの惨状を見ながら思ったことは
「今日の朝ご飯、大丈夫かな」ということ。
まだ朝の6時前だったし、わけわかんないくらいすごい大きな地震が起きた直後にもかかわらず、いつものように「朝食」についてをまず思い浮かべた私は、妊婦だったので自己防衛本能が働いたのか?!

地震前夜に残り野菜の処理を考えてポテトサラダを大量に作っていた。
ジャガイモはいろんな料理に使えるので常にストックしているが、キャベツやキュウリなどがちょっとだけ余ったりすると、その他のタマネギ、ニンジンなどあるものを加えてポテトサラダを良く作る。
朝ご飯にはもちろん、美味しいパンを買ったらサンドウィッチにも使えるし、生姜焼きの付け合せにも利用できるからとても便利。
ゆで卵を細かくしたものを混ぜて、マヨネーズと少量のワインビネガーで味を調えるのが私流。

さて地震発生から約1時間ほど経ち、自宅やその周辺の状況が飲み込めてきてから同じ市内に住む両親や祖父母の家のことが心配になり、車で見に行くことにした。その時に私は何を思ったかポテトサラダと食パン一斤分でサンドウィッチを作った。それを持って、親戚の様子を見に出かけた。

実家はそれほど大きな被害は無かったものの、祖父母の家は半壊。
半分崩れかけた家の中で呆然としていた祖父母のところに、「これ食べてね」と、サンドウィッチを置いてきたが、あんな状況で食べられたんだろうか?←今になって疑問に思う。

午前9時ごろ、自宅に戻ってきてグチャグチャのダイニングのソファに座ってサンドウィッチを齧った。テレビで流れている震災の大きな被害の画面が自分のことのような、また他人事のようなへんなきもちで眺めていた。

それ以来、ポテトサラダを作るとあの地震の日のことを思い出す。
急に来た非常事態。でも妙に冷静にいつもの朝と同じように行動しようとしていた自分は、火事などが起こったときに逃げ遅れるタイプの人間らしい。鈍感というか、危機であることを脳が認めないというそういう性質がある。
用心深いダンナや娘が頼りだ。

スポンサーサイト
日常 | 12:22:14| Trackback(0)| Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。