FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
居酒屋のワイン
日本のフレンチレストランやビストロに行きワインをボトルでオーダーすると、最初に一口だけテイスティングをさせてくれる。
ワインの健康状態を確認する作業で、格式の高いレストランならいざ知らず、気楽なレストランではほんの形式程度なこと。
ワインを良く知らない人にとっては「慣れていないことを知られたくない」という気持ちが働いてしまうので、とても面倒な嫌な作業かもしれない。

私も何度もそういう場面を経験していて、お店のサービスの人が持ってきてくれたワインをテイスティングすることがあるが、一度として不都合なことなどないので、こんなこといちいちしなくてもいいのに・・・・と内心ではちょっと思っている。

しかし先日、ボトルで頼んだワインの味がちょっとおかしかった。
その店はホストテイスティングという手続きをとらないとても気楽なワイン居酒屋なのだが、みんなにワインを注いで飲んでみると「雑巾」っぽい匂いが強くて、明らかにブショネ(コルクの異常でワインの質が劣化している状態)ということがわかった。
すぐにワインの状態が悪いということを伝えて、お店の人にも飲んでもらって取り替えて欲しいと要求した。
お店の人も「う~ん、ギリギリですね~」とか言いながらも、快く新しいボトルを抜栓してくれておかげで美味しいワインを楽しむことができた。(←ギリギリってことはないと思うけど・・・)

うちに帰ってきてダンナに「珍しくブショネのワインに当たっちゃって、交換してもらったんだ」と報告すると
「気楽にワインを楽しむお店(ワイン代にあまり利益を上乗せしているとは思えない店)の安いワインなんだから、状態が悪いということで交換するなんてナンセンスだ」と言われてしまった。
そんなもんなんだろうか?
ワインの価格帯を低く設定している店(しかもホストテイスティングをしないような店)は一般的に交換はしないものなのか?
居酒屋で瓶ビールがぬるくても「仕方ないよね~こんな店だもの」って目をつぶってしまうように、ブショネで文句言っちゃいけなかったのかな?

とは言いつつも、店売り価格が1本4000円くらいするワインだから私は取り替えてもらうのは妥当なことだと思っている。

スポンサーサイト
ワイン | 16:01:06| Trackback(0)| Comments(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。