FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
ご当地チーズは食べるべし
20051022224554.jpeg
フォンテーヌ・ブロー

ヨーロッパへ海外旅行に行ったなら、その土地でしか食べられないチーズを食べることにしている。
とてもマイナーでその地域でしか作っていないチーズや、鮮度が命のため日本には輸入されていないチーズなどなど・・・。
前者のマイナーなチーズってのは残念ながら日本では情報が極めて少ないため、あらかじめそのチーズの存在を知ってその地を訪ねるということは無い。たまたま訪問時に市場やチーズショップで見かけたりしたものを、後先考えずとにかく購入する。
そして道端やホテルの部屋で味見をするのだ。

スペインのガリシア地方に行った時に初めて見かけた「セブレイロ(Cebreiro)」という牛乳製のフレッシュチーズ。聞いたことも見たことも無かったが、ガリシア地方では原産地呼称かなにかをもつチーズだそうで、形は大きなキノコのような奇妙な形。
柔らかくてしかもフレッシュなチーズだから輸出は難しいということで、国外はもとより、スペイン国内でも地元でくらいしか見かけないそうだ。
味わいは「柔らかい(スプレッド状?)のプロセスチーズのような味」。
予想していた酸味はあんまり感じられないけれど、食べ慣れたプロセスチーズのような穏やかであまり深みのない淡白な味わい。
これは輸入してもあまり売れないかも・・・・。

今回、パリに滞在中に以前からチーズ本などで見知っていたフランスの「フォンテーヌブロー」というチーズを食べてみたいと思っていた。
このチーズはフレッシュチーズでソフトクリームのような形をしている。鮮度が命でとても柔らかい(ホイップしてあるので)ために輸入には向いていないんだろう。それにフランスのチーズ屋さんなら何処でも扱っている商品というわけではないらしい。ちゃんとしたチーズ屋さんは専用のマシーンでフォンテーヌブローを作る。そのマシーンを導入している店舗は限られているということだ。

たまたま訪れたショップで出来たてのフォンテーヌブローに遭遇し、すぐに購入。
店員さんに「アナタは旅行者でしょ?こては即食べるもので、日持ちはしないのよ。」みたいなことを忠告された。
「今食べます!スプーンをいただけますか?」と手振り身振りでお願いをすると、快くスプーンをつけてくれた。
通りに出て早速試食。
チーズのはずだが見た目はソフトクリームのようなホイップクリームのようなそんな感じ。果たして味は?
味もチーズというよりはホイップクリームそのもの。フレッシュチーズということで酸味を期待していたがあまり感じられない。
チーズのわりには濃厚で食べつづけるとちょっと重く感じる。
せめて蜂蜜かジャムをつけて食べないと、食べつづけることは難しいなぁという感想。

帰国してプロフィールを調べると、フレッシュチーズに生クリームを加えて泡立てたものだそうだ。
だからあまりチーズの酸味が感じられなくてクリームっぽかったのか。

結果はともあれ経験として熱望していたチーズを食べることができたことは収穫だった。
スポンサーサイト


チーズ | 22:51:02| Trackback(0)| Comments(2)
コメント
セイラス
pecoraさん、こんにちは!
セイラスってセイラス・デル・フェンのセイラスですか??
私も以前ピエモンテの山奥に連れて行ってもらったときに、その地方だけで作られているというリコッタチーズの「セイラス・デル・フェン」というチーズを作るところを見学しました。
リコッタといっても日本に輸入されているようなミルクの甘みがたっぷり馴染みのものではなくて、なんだろう、田舎っぽい鄙びた味わいのあるリコッタでした。
私がその時に感じた印象(記憶をたどると)では絹のようななめらかな舌触りがあまりなかったような・・・・。記憶違いか?
でもきっと名前が似ているから同じようなチーズなんでしょうね。
ちなみにこのセイラス・デル・フェンは大きなソフトボールくらいのサイズの球状で、まわりに細い草がモジャモジャと巻きつけられている見た目も変なチーズでした。
2005-10-24 月 10:54:44 | URL | ゆうこ [編集]
多分同じチーズですけど、
私は山奥で食べるには時期的に合わなかったのです。
確か全然味わいが違うとききました。本当は山奥で食べてみたかったです。
確かに塩味が効いているけれど、塩気の分、甘味も感じたと思います。
私がピエモンテでチーズ作りを見たのは2件で
トーマ作りと山羊乳のチーズ農家でした。
良かったのは、丁度アルペッジオから牛を下ろす時期で
道路をあるく牛の群れに遭遇したことです。
2005-10-24 月 21:40:59 | URL | pecora [編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。