FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
白露宝
hakuroho.jpeg

関西時代からのママ仲間が浦和にいらっしゃる。
幼稚園の時から家族ぐるみで大変親しくしてもらっているので、普段は月に1度のペースでランチに、そして子どもの長い休みになると家族で会ったり、子どもがお泊り会をしあったりと、無くてはならない存在。

会うと芦屋に住んでいた頃に比べて「美味しいお菓子屋さんが近所に無くて」ということを言い合っている。東京にももちろん美味しいケーキ屋さんはあるけれど、わざわざ電車に乗って(しかも乗換をいくつかして)行かないと・・・という状況が多い。最近はデパート、駅ビル、駅なかショップに使える(!)ケーキ屋さんも増えてきたけれど、チェーン展開している店であるので、やはりなんだか芦屋と違う感じ。

ま、そういうことはどうでもいいのだが・・・
彼女と会う時によく手土産に持ってきてくださるのが浦和の「花見屋」の「白露宝」というお菓子。
トリュフチョコみたいな形をした和菓子なのだが、これがなかなか美味しい。
美味しいし見た目も可愛らしい。白餡をホワイトチョコを使った(何かはっきりはわからない)何かでコーティングしているので、ぱっと見はホワイトチョコのトリュフ(白トリュフ!)のようなのだが、食べると和菓子。
上品なサイズと甘さが私は大好き。こんなに見た目も味も楽しい和菓子はなかなか無い!
月に一度仕事で行く、さいたま新都心のNHK文化センターの仕事の帰りに買って帰りたいと考えてしまうほど。

スタンダードな白餡×ホワイトチョコ版以外に、最近はいろんなバージョンが誕生している。
ゴマ餡?×ゴマチョコ?や 赤い餡(普通の)×抹茶チョコ や白餡×コーヒーチョコ?など私では分析しきれないけれど、工夫の跡が見られる味のものがいろいろある。
けれど、やっぱスタンダードなものが一番良いかな。
スポンサーサイト


食べ物 | 23:02:25| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。