FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
親は何処まで…
わが娘の通う区立小学校は中学の受験率が非常に高い。
はっきりとしたデータではないが8割近くも中学受験をするらしい!
そういう環境もあってほとんどのお友だちが塾通いをしているし、親同士の情報交換も活発だ。
「塾の宿題が多くてね」とか「お弁当持ちで塾に通っているから、帰ってくるのは夜10時頃よ」とか「1ヶ月の塾代が大変!」とかそんなことが話題の中心に。

娘の通っている塾は大手の進学塾に比べると拘束時間(勉強時間?)が短いので19時半には帰宅し、一緒にご飯を食べることが出来る。「子どもらしい生活を送りながら受験勉強が出来る」というのが特徴で、私もそういう余裕がある受験勉強をさせたいと考えて通わせている。

しかし、そういう塾のデメリットは家庭学習を充実させないといけないということ。塾で習ったことを家庭での学習で定着させるため、宿題がたくさん出る。
まじめな性格の娘は出された宿題は一生懸命こなす。宿題忘れは「悪」とまで思っているようだ。
そういう性格は親として安心できるが、習ってきた単元を必ずしも全て理解しているわけではないので、当然「わからない。お母さん教えて。」ということになる。(また練習問題が結構ひねってあって難しかったりするんだ)

家での勉強を見ているから、理解できていない単元や問題なんかもイヤでも把握できてしまう。そういう部分が見えてくるとどうしても「わかるまで教えたい」と思ってしまう。

彼女が学校に行っている間にテキストを読んで研究したり、彼女が自力で解けなかった問題やそれに似た問題を集めてプリントを作ったり、漢字テストを作ったりと家庭学習を充実させようと燃えている。(←別にこういうことが好きで好きでたまらないわけじゃないんだけどね。ただ、高い月謝を出して塾に通わせているから、それだけの効果は出して欲しいという、セコイ動機なんだけど。)

ところが一般的には(PTAママたちによれば)「勉強は塾に任せて、家庭では親は子どもの生活面をサポートしてあげてください」って塾から言われているらしい。
私がやっていることって、介入しすぎなのかも。
特に反抗期の娘にとっては私のおせっかいとも言える介入がうざくてしょうがないことがあるようだ。衝突も絶えない。
だからといって100%塾に任せるってことは、物理的に無理なような気がするし、悩ましい限り。

今日もどこまで手を出していいのかと試行錯誤しながら、葛藤しながら明日のテストの準備を一緒に遅くまでしたのだった。
スポンサーサイト


子育て | 23:14:21| Trackback(0)| Comments(7)
コメント
再びtariyaです
 うまひゃひゃで「おなかすいてぃあぁ!
なんか食べゆ!」って言っていた響子ちゃんが
勉強がんばっているんですね。
 響子ちゃんの食欲に只者ではないものを
感じていました。生きる意欲を感じました。
 響子ちゃんの力を信じてあげてください。

 
2005-11-25 金 23:51:26 | URL | tariya [編集]
進学塾に勤めている者としては、先生の教え方と親の教え方が違うと
子供が混乱するので、分からないところは次の授業の前に先生に質問する
というやり方が、望ましいかなぁと思います。
高い授業料払ってるんだから、先生にじゃんじゃん聞いちゃいましょう。
でも、プリントつくっちゃう優子さんみたいなお母さんは、そうはいませんよ。
えらい!
2005-11-26 土 01:55:30 | URL | ころこに [編集]
ありがとうございます
tariyaさん、ころこにさん

いろいろとお気遣い&アドバイスをありがとうございます。
子どもの力を信じて、適材適所で手を差し伸べる・・・絶妙なバランス感覚を養うよう、私も修行をしなければ。
中学受験というある意味親子が密になれる経験を、良いほうに生かせるよう頑張ります。
2005-11-27 日 23:41:06 | URL | ゆうこ [編集]
はじめまして♪
はじめまして。。ネットサーフィンをしていてたどり着きました。うちにも中学受験をめざしている5年生の娘がいます。

私も子供が学校へ行っている間にこっそり塾のテキストをみて私がお勉強をしています。夫はそこまでやるのはどうか。。っていいます。でも、現実問題、私が理解していると、子供が質問してきたときもすぐに答えられるし、つまづいている箇所も把握できるから補強もできます。塾内のテストでも私が勉強をした単元とそうでない単元では結果が全然違うとなると、つい毎週がんばっちゃう!
そんな繰り返しです。。(*^0^*)アハッ

思い切って塾に聞いてみたけど、特に問題はないようですよ。お母さんが協力してくれてるんだから、心強いじゃないか。。みたいに娘は励まされていました。

私もつい塾代に見合う結果を出して欲しいという一念ではじめたことです。。同じ考えの人がいてちょっと嬉しくなっちゃいました
長々と失礼しました
2005-11-29 火 11:44:03 | URL | パセリ [編集]
はじめまして。
はじめまして。まるたと申します。
昔々、友人のお母さんが、○文式の先生をしてたのですが、
「○文式に行けば、勉強ができるようになるわけでないのよ。
プリントを通して、家庭で勉強するきっかけを作る手段なのよ。
だから、子供が宿題してる横で、
お母さんが(TVみたりして)遊んでては、子供がやる気をなくすよ。
お母さんは、読書でもいいし、何か お母さん自身の勉強をして、
勉強する環境や雰囲気を整えてあげることが大事なのよ。」
といってましたよ。
○文式の今の方針とは、違うかも知れませんけど・・・ご容赦を。
ころこにさんの言うとおり、
授業料分、どんどん 塾を利用されてはいかがですか?
私の子供の頃の経験ですが、
親の言うことと塾の言うことが違って、
結果的に、どちらかをダメな人と判断してしまった、
(今思うと)苦い記憶があります。
中学受験も長丁場ですから、
優子さん自身が追い込まれないようにしてくださいね。
小学生の子供は、感情が大人になる手前で、
色んな意味で敏感ですので、お母さんが疲弊しちゃうと、
子供さんは とても心を痛めてしまいますよ。
2005-11-30 水 00:16:43 | URL | まるた [編集]
お互い頑張りましょ~
パセリさん
同じようなことをしていらっしゃるお母さんがいてちょっと安心しました。多分、塾側としても時間的に手が回らないところは家庭で補足して欲しいというのが本音だと思いますよね。
そして親としては子の成績を上げたい!ですし。

でも我が家では一人っ子の娘の行動を親が1から10まで見守っている(という言葉より、監視している)感じを与えてしまっているようで、それはかえって逆効果に働いているような気がしています。

また私もここまで手を貸してしまって、中学、高校になっても貸しつづけないといけない状況が続いたらどうしよう・・・(徐々に自分で出来るようになると信じているけれど)なんていう一抹の不安もよぎったりするので、こんなことしていていいのかなぁという迷いもあったりします。
(でも手を充分に貸してあげた週はテストの成績がいいんですよね。)

なので「成績を上げる」という直接的な目標に向かってまっしぐらに進むべきか、もう少し長いスパンで10年後を見据えて子どもに係っていくのか、本当に悩ましいのです。
日々、あぁでもない、こうでもないと試行錯誤しています。

きっとパセリさんもいろいろと悩みながら、お嬢さんの受験のサポートをしてあげていると思います。
お互いに頑張りましょうね!
2005-12-01 木 09:11:46 | URL | ゆうこ [編集]
まるたさん

はじめまして。書き込みありがとうございます。
実は塾の先生の解法と私が教える解法、そして教科書の解法がそれぞれ違っていたことがあり、子どもが混乱してしまったことがあります。
塾ではいちいち親に「この単元はこうやって教えます」というような解説がないので、ちゃんと授業のノートをチェックして先生が教えてくださったとおりにさらに噛み砕いて解説してあげなければならないことがあります。
授業ノートだけでは先生の意図していることが伝わらないこともあるので、そういうところは質問させたりするようにしていますが毎日算数があるわけではないので、どうしても後手に回ってしまったりで100%理解しながら進むことができないのも悩みの種でした。

ところが・・・
娘の塾の算数の先生が個人的にブログをされていて、そこに毎回(毎週)算数の指導のポイント(解法を含む)を記されていることを発見し、今では親がまずそこを確認できるようになったのでかなりスムーズに家庭学習ができるようになりました!(ほんとラッキーです)
このブログを上手く利用しながら学習をサポートしていこうと思っています。

まるたさんが案じてくださるように、私が娘の勉強に関してイライラすることが彼女にとっては一番のストレスになると思います。
私も上手にガス抜きをしながら、いつも余裕を持つように心がけます!
2005-12-01 木 09:28:31 | URL | ゆうこ [編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。