FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
映画館
映画は嫌いじゃないけれど、映画館で見るといつも酔ってしまう。
音と影像の嵐が私のいたいけな身体にのしかかって、1時間もするとかなりしんどい。
特にSFでスピード感があって特撮をうんと使っているような映画はかなり頭の中がグルングルンにシェイクされるようで、途中で思わず目を閉じて耳もふさがないと辛いことがある。

先週地元の小さな映画館に「Allways 3丁目の夕日」を家族で観に行った。
混んでいるかと用心し開演30分前に行ったため席は選びたい放題。
娘とダンナは前から数列目のど真ん中を陣取った。
そんな前のほうに座ると絶対に酔うので後ろのほうの席に一人で座った。

この映画はそんなにグルングルンにシェイクされるような影像はなかったから2時間強の時間もちっとも苦にならず観ることができた。
おまけにかなり泣かせる(意図的に泣かせている)ストーリーだったので、隣りに娘やダンナがいないほうが、思う存分ハナを垂らすほどに泣くことができて爽快だった。
(いつも泣きそうになっても格好悪いからグッとこらえる、それゆえ、なんだか気分が開放的になれない。)

映画は一人で後ろのほうの席で孤独に観るに限る。
スポンサーサイト


日常 | 19:58:39| Trackback(2)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ALWAYS 三丁目の夕日
ALWAYS 三丁目の夕日を観にいきました。 涙涙で、号泣でした。 人生で初め 2005-11-28 Mon 14:34:42 | ドラゴンinTHE大阪北河内
ALWAYS 三丁目の夕日
●『ALWAYS 三丁目の夕日』11月5日公開。私の今年度邦画ではベスト1かなと思います。古きよき時代もCGで余り違和感なく再現できるんだなぁと関心しました。当然、その時代にいた訳じゃないけどやっぱり自分の子供時代はあんな感じだったなぁ。ハリウッドのパ... 2005-11-29 Tue 00:03:53 | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。