FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
久しぶりに・・・
「南のワインが好き」という友人たちと大井町の「ラ・カンティネッタ」に行ってきた。
ここに訪問するのは8年ぶりくらいかなぁ~。
久しぶりに訪問すると改装してなかなか不思議な空間になっていた。(改装前もそれなりに不思議な空間だったが。)

思い起こせばローヌワインはここで興味を深めていったんだった。
なので初心に戻ってオーナーが進めてくれるワインを2種類飲んだ。

ひとつめは96年のプロヴァンスのバンドール。
ムールベールド種が95%(ほとんどこの品種ってことですね)のワインだそうだが、10年も熟成しているのでかなり複雑な香りがして味の要素もまろやかでエレガントになっていた。これくらい滑らかな舌触りや香りをかもし出すのだったら、下手なボルドーよりずっといいと思った。
(すでに2軒目だったのでかなりいい気持ちだったため、飲むことに没頭してしまい造り手などをチェックしておくのを忘れてしまったことが悔やまれる。)

2本目はローヌの北のコルナス。
斜度が30度もある畑で栽培したブドウから作っていることが売りのワインだそうで、よって古い木が植わっている(植え替えが大変だからおのずと古い木ばかりになるそうだ)ので凝縮感のあるワインが造られるそうだ。
飲んでみて確かに濃いワインだった。(シラー種がそういう品種でもあるが)。
でもただ濃いだけではなくて、雑味がなく元気な果実!というフレッシュでちょっとやんちゃなワインだった。
これも造り手をチェックできていないのが残念!

こうやって久しぶりに南仏にこだわって飲んでみると案外楽しいものだ。近所(自転車で15分くらい)だし、また通ってみるのも楽しいかもしれないなぁ。←酒気帯びで捕まるって。
スポンサーサイト


ワイン | 15:46:16| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。