FC2ブログ
基本講習会を受講して
昨日、今日とチーズプロフェショナル協会(CPA)の基本講習会が東京で開催された。
毎年この時期に開催されチーズの全てをまるまる2日間で知ることのできる講習会として大変好評だ。
2日間朝から夕方までびっしり講義が続くので忍耐が必要だが・・・。

協会の関係者ということで毎年この講習会を聴講しているのだが、今年は担当講師が少し変わったりするのでどのような話が聞けるかとても楽しみだった。
この度の講師陣はその道のプロ達。
普段はたわいも無い話やバカ話しかしていない理事仲間なのだが、講師として壇上に上がるとさすがに専門的な知識や長年の経験談は素晴らしい!と感嘆してしまう。
私はたかだかこの道10年(しかもプロと意識し始めたのは5年程度)の若輩ものだなぁとつくづく感じる。
しかし継続は力なりだから、あと20年もすれば少しは成長の跡が見えてくるのだろうか。

などと感じながらの聴講だったが、私にとっての「90へい(注;トリビア)」は
「ブルガリアヨーグルトの乳酸菌がLB53からLB81に変わった」ということ。
(詳しくはこちらを)
ひとくちで乳酸菌といってもた~くさん種類があって(株とよぶそうだ)、それぞれにいろんな特性を持つらしい。酸っぱい味をだすもの、免疫効果のあるもの、匂いの少ないもの、などなど。
ヨーグルトを作る企業は常に最良の乳酸菌を探し続けてヨーグルトを発展させているという事実。
チーズにはあまり関係なかったけれど…。
スポンサーサイト





チーズ | 23:09:40| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する