FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
晩酌ワイン
20050619180213.jpeg

毎晩の晩酌は欠かさない(欠かせない?)私だが、最近は白ワインを開けることが多い。
季節も白ワインの爽やかなものが合うようになってきたし、なんといってもチーズに合わせるのに白ワインのほうが懐が広いような気がするのだ。

この1週間で開けた白ワインはこの3本。(写真左から)
・2000 VdP L'Ardeche Cuvee Charbonniere domaine Mazel
・2003 Touraine L'Ormeau des Deux Croix domaine Le Clos du Tue-Boeuf
・2003 Raisin et l'Ange Viognier domaine Mas de la Begude

私のHPの通販で紹介した白ワインだが(真中だけ違う)、佐藤家御用達のワインショップ「リブゴーシュ」でお薦めいただいたものばかり。
こちらの店長さん、いわゆるビオワインが気にいっていらっしゃるのでこの3本も「自然派ワイン」やそれに近いもの。「ビオ・ワイン」も色々と定義があり、ブドウ栽培からワイン醸造まで厳格にビオディナミで行っているものや、部分的にビオなものなど玉石混合らしい。
あるものは占星術?というか月の動きに従ってブドウの栽培をる…という、一見オカルトチックな、でも物理的には理に叶っているやり方もあるらしい。

私はワインを飲む人で作る人ではないから、作り方はどうであれ美味しければそれで良し、なのだが、薦めてもらっているビオのワインはほんとうにどれも美味しい。
わざとらしい風味つけというか、今風のスタイルに無理やり味を作っている感じがまるで無くて、飲むと安心できて楽しいなぁと思えるような、人柄の良い(ワイン柄の良い?)ものなのだ。
特に家で一人で晩酌することが多いので、こういう何気なくてまとまっているワインというのが疲れなくていい。
夜はあまりたくさん食べたくないから、ワインとチーズを核に家族のために作ったお惣菜をちょこちょこつまむというスタイルが気にいっている。
そういうときにもビオの白ワインは意外に家庭料理にあう。
もっと真夏になったら、きりっと冷やした辛口のシェリーもいいけど。
スポンサーサイト


ワイン | 18:04:50| Trackback(0)| Comments(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。