FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
職業病かそれとも癖か?
先日、パン、ハム、チーズの専門家が集まってミーティングを行った。
それぞれに専門分野での業界の話とか裏話とかが聞けて、それを聞いているだけでお酒のアテになりそうなくらい興味深い。
私も最近ではワインとかパンとかにもはまっているので、そっち方面の引き出しも増やしたいし。

そこで出た話。
テーブルのワイングラスにワインが注がれて、何となく習慣で色を見て香りをチェック。
「これって、やっぱワインを勉強したからついついしてしまう癖だよね。」とみんなで話す。

「最近、チーズを評価するセミナーに毎月通っていたから、チーズが目の前にあったらついつい外観を見て、弾力を調べて、匂いをかいで、そして口に含んで味を見ちゃうんだよね。」
わかるわかる。
口に入れる前から大体の味の予想をつけて、確認で食べるって感じだよな。

パン業界の人は、
「チーズのセミナーとかで出されるバゲットとかも、ついついクラム(中身)の色とか香り、それとクラスト(皮)とかチェックしちゃうんだよね。みんなチーズの色とか香りとか調べているのに、私だけパンを匂ってんの・・」
そうだろうなぁ。とりあえずはパンを押さえておきたい気持ちはよくわかるなぁ。

さらにハム業界の人は、
「ハムを作っている人は生肉見て、これは○○産の肉で飼料は何を食べさせているって、判断できるんだよ。」
こういう人は牛肉の偽装を見破ることができるんだろうなぁ。

でも何も知らない人が私達の様子を見たら、感じ悪いって思うかも。
食べる前にさんざん眺め回して匂いかいで、まるで毒見のように口に入れても入念に噛んで。

こういうのも職業病(または癖)のひとつだわ。
スポンサーサイト


チーズ | 14:23:23| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。