FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
歴史問題はどうする?
娘の塾では先週の社会の単元で「竹島」と「尖閣諸島」と「北方四島」についてが取り上げられていた。
「社会」といっても「地理」に近いような内容で、日本の標準時子午線は東経135度ですよとか、日本列島を中心に隣の国が中華人民共和国、大韓民国、朝鮮人民共和国、ロシアなどが取り巻いてますよ、というような内容。
日本の南端は沖ノ鳥島、北端は択捉島、などそういうことを初めてちゃんと教科書で習ったわけだ。

そこで前出の「竹島」「尖閣諸島」「北方四島」については「これらの島々の所有をめぐり近隣の国と領土問題がおきています」という説明がされていた。当然、「なんで取り合いになっているのか?」と疑問が湧く。
私に質問をされても、どう答えていいのかわからない。
自分もちゃんとそのような問題について考えたことがなかったし、全く遠いことの話として捉えすぎている。
日本の義務教育のせいにする気は無いが、私達が受けた教育はその辺りがあえてニュートラルになっていたと思う。私たちの親の世代は「当然日本の領土だ」「総理大臣の靖国参拝、何が悪い?」という意見を強く持っているようだが、「どっちでもいいんじゃない?」ってまるで他人事のようにしかとらえられない自分の姿は良くないなぁ。

これから歴史を学ぶ子どもにちゃんと自分のスタンスを示すことができるよう、先回りしてもう一度復習(情報収集)しておく必要はあるかも、ね。
スポンサーサイト


子育て | 10:53:35| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。