FC2ブログ
山羊のモンドール
20050729221812.jpeg

チーズショップのお薦めで「カプリ・アリエジョワ」というチーズをセミナーで使用した。
このチーズはピレネー産の山羊乳のチーズ。
見た目はジュラの「モンドール」そっくり。
言葉は悪いが、山羊乳で作ったモンドールもどきということ。
モンドールと同じようにチーズの周りをエピセア(モミの木の一種)で巻いてチーズは熟成をさせるのでヒノキのような針葉樹独特のツーンとした香りが特徴。

牛乳製のモンドールはAOCの規則で8月15日から3月15日までしか製造が許されていないからこの時期には食べることができないが、逆にこのカプリ・アリエジョワは山羊乳製なので春から夏にかけてが旬。
ちょうどモンドールが無い時期に食べることができるチーズ。

で、初めて食べた感想は「ブラボーの二乗」。
山羊乳臭さがほとんどなく熟成もちょうどトロトロでチーズのコクも十分にある。
もともとは山羊乳で何か特徴のあるチーズを作ろうと、モンドールの真似をして作り始めたとのことだが、下手なモンドールよりずっと味に奥行きがありエレガントで美味しい。

情報を集めてみると生産量がごく限られているため、フランスでも名のあるチーズショップや熟成士が買い占めてしまうらしい。今回のものもナンシーのフィリップ・オリビエ氏による熟成で、なるほどチーズの素材もさることながら熟成士の技術も加わってこのような素晴らしい商品だったのね、と納得。
日本にいながらにしてこういうものが食べられるのって、贅沢だなぁ。
スポンサーサイト





チーズ | 09:03:46| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する