FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
スペインのチーズ
20050824220124.jpeg

自宅チーズ会、今月のテーマはスペインの山羊チーズ!
スペインは羊乳製のチーズのメッカと思われがちだが、北部では牛乳製のチーズが、南部や島部(カナリア諸島)では山羊乳製のチーズが結構種類多く作られている。
山羊乳のチーズは少しクセがあって、特にフランス製のシェーブルチーズの若いチーズはしっとりと水分が多くて酸味があるが、スペインの山羊乳製のチーズは全然違う。
まずしっとりとはしていない。プレスクックといわれる圧搾を施しているから水分が少ないセミハードからハードタイプの仕上がりになっている。
そして聞くところに寄るとスペインの山羊は乳脂肪分が多い乳を出す山羊の品種だそうで、確かにこっくりとした味わいで「え?これ山羊なの?」と驚くくらい濃厚。
まるで羊乳製のチーズのようだ。

とくにカナリア諸島のフェルテヴェントゥーラ島で作られるDOPチーズの「マホレロ」は秀逸の味わい。私の一番のお気に入りスペインチーズの「ムルシア・アルビノ」を越える勢いの素晴らしい味。これは本当に山羊から作られているんだろうか?と思うくらいの濃厚でコクのある味わい。イヤなクセも全く感じない。

マホレロは手に入れにくいチーズだと思っていたが、常に扱っている業者の存在を知ったのでこれからは定期的に購入できるから嬉しいなぁ。
スポンサーサイト


チーズ | 22:23:50| Trackback(0)| Comments(0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。