FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
果物アレルギー
いろんな果物がある中で、夏から秋にかけてのこの時期の「アップルマンゴー」と「桃」と「梨」が一番好きだ。前の2つはそろそろ旬が終わりかけているが、「幸水」や「豊水」など梨は瑞々しい今が一番美味しい。

娘はと~っても「桃」が好きだったが3年前くらいから突然食べられなくなった。食べると喉(食道)が痒くなり、痒くて痒くて仕方が無いのだが直接掻く事ができず、首(すなわち外側から)カリカリと掻きむしりもだえ苦しむことになってしまう。毎年、その年初めて桃を食べる時に「今年は大丈夫かもしれない・・・」と思って、少し口にするがあまりの美味しさに次々と食べてしまい、いつものように苦しむことになる。今年もやってしまった。そして、それに懲りてその年は二度と桃を口にすることはない。本当は好きで好きでたまらないからかわいそうだ。

私の母はリンゴを食べると喉がイガイガするといって全く食べられない。
私はと言えば、枇杷を2個以上食べると口の周りがぷっくり腫れてしまうので、食べるのを控えなくてはならない。それほど好きな果物でもないので別に一生食べなくてもいいけれど。
それとメロンを食べると必ず胃が痛くなる。その症状はちょっとの果汁を飲んだだけでも起きる。

食物アレルギーといえば何となく卵とか小麦、蕎麦、牛乳などタンパク質が原因物質となって引き起こされると思い込んでいたが、果物も同じようにタンパク質が原因なんだろうか??ふと思い立って、果物にアレルゲンがあるのかどうかをネットで調べてみた。
すると原因物質については調べきれなかったが面白いサイトを発見。

果物と野菜でアレルギー症状を起す人は花粉症である可能性が高い、というもの。
例えばスギ・ヒノキ花粉症の人はトマトでアレルギー症状を起しやすい体質らしい。
そして桃などのバラ科の果物(リンゴ、梨、イチゴ)はシラカバ花粉症の人がアレルギー症状を起しやすいそうだ。な~るほど。北海道や高原地域にすんでいる人でなければ症状が出ないシラカバ花粉症、娘はそういうところに住むべからず・・・・ってことなんだわ。

そしてメロンもありました。メロンはブタクサ花粉症。
ピンポーン!!!
私は9月末頃~10月にかけていつも花粉症のような症状が出ている。特に何が原因かを調べてみたことが無いけれど勝手に「ブタクサ」にやられているに違いないと思っていたが、その予想は見事的中していたということがここで証明された。
メロンの他にスイカとかキュウリとか要はウリ科の食べ物を注意しないといけないらしい。な~るほど。

美味しいナシがそろそろおしまいかなぁ・・・という季節から一転、ブタクサ花粉に悩む季節がもうすぐやってくる。
スポンサーサイト


日常 | 20:12:41| Trackback(0)| Comments(3)
コメント
こんばんは。確か1-2年ほど前の日本の医学系雑誌でもOAS(Oral allergy syndrome)が特集されていました。それなりの研究者のいる分野です。
ちなみに私は実がオレンジのメロンがダメです。網々で中が緑の高ーいメロンではOASが出ません。明らかに抗原が違うようですね。
2005-09-02 金 21:07:54 | URL | ひろくん&あこちゃん♂ [編集]
OAS
さっそく検索をかけてみました。
ここ数年でいろいろと研究が進んでいる分野のようですね。

しかしながら同じメロンでもオレンジ色のものはダメで緑色のものは大丈夫、ってのも面白いですね。ブタクサの花粉症はありませんか?
私はプリンスメロンから夕張メロン、マスクメロンとどれもダメみたいです。

ある程度の年齢(10歳くらい)に達してから出てくる、というのも不思議なものです。そういえば、小学校高学年でプリンスメロンで喉が痒くなって「この果物は嫌いだ」と認識したことを思い出しました。
ちなみにブタクサ花粉症は20歳くらいから出始めてます。
2005-09-03 土 22:25:08 | URL | ゆうこ [編集]
多分ブタクサ花粉症はあります。でもスギ花粉が一番ですね。
プリンスメロンは特にダメです。以前勤めていた会社の上司もプリンスメロンはダメだけどマスクメロンはOKな人でした。同じくのどが痒くなるそうです。マスクメロンなら大丈夫だとは、なかなか言えないと話していましたが。
2005-09-04 日 20:56:52 | URL | ひろくん&あこちゃん♂ [編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。