FC2ブログ
お散歩
夏は暑いので毎日早朝にイヌの散歩に行く。
早朝といっても起床が6時半、そしてダンナと娘の朝ご飯を準備したり洗濯機を回したりとなんだかんだ45分くらいは用事をするので、7時半頃からスタート。ほんとうは化粧をしていきたいところだが、どうせ知った顔には会わないだろうと時間を優先させる。

散歩コースは決まっておらず、その日の気分に任せて家から半径1Km圏内をうろちょろしている。
梅の頃には「梅道」を、桜の頃には「桜通り」を、バラの頃には「バラの小径」をと、四季折々の花をめでながら。
今の季節は日陰の多い道を選んで毎日約40分歩く。

中型犬を1匹と大型犬を2匹を連れた男性とこのところよく遭遇するのだが、一人で3匹もいっぺんに散歩をさせるのはさぞかし体力がいる事だろう。糞の始末をする間は犬たちは他所に気が散りリードを引っ張るので、腕力とかなりの技術がいる。
その散歩ご一行にはミニブタも同行している。そのミニブタは放し飼いで散歩をしていて、お犬様ご一行のあとをチョコチョコと短い足で歩く様は大変健気で可愛らしい。
ちゃんと信号が青のうちに横断歩道も渡りきるし、飼い主が糞の始末をしている間も静かにじっと待っているし。
案外、頭がいい動物なのかもしれない。

イヌ | 10:16:05| Trackback(0)| Comments(0)
波動
黒魔術とか超常現象とか占いの類とか「目」に見えないことに対しては端から信じていない。
でも目に見えないけれどマイナスイオンとかが生命体に与える影響とかそういうことは薄ぼんやりとだけれど信じている。
目に見えない微生物が活躍するミクロの世界だって信じている。(チーズだってそうだもんね)

「世の中のものは全て『波動』からできている」と、先日あるパーティーで知り合った方が熱く語っていらした。音だって光だって波動からなっていて人間はそれを目や耳で捉えて電気的な信号に変えているとのこと。その他もその時には???とあまり理解できなかったが、この頃、あれ?って思うことがある。

それは愛犬のトイ。
トイはどうやら私達の言葉をある程度理解しているようなので会話を聞いて状況を把握するようなこともあるような気がしていた。でも最近気づいたのは、ひょっとしたら言葉を理解しているのではないかもしれない、ということ。
トイは私が発する言葉ではなくて思い(心に浮かんでいることや思い描いていること)を波動としてキャッチすることができるようだ。つまり心が読めるというかテレパシーがあるというか…。それも自分にとって非常に欲していること、「散歩に連れて行ってあげる」とか「ご飯をあげる」ということには非常に敏感に察知するようだ。
ふつうにお皿を洗いながら「そろそろ散歩に行こうかな?」と心で思ってふっとトイを見やると、突然目に光を帯びて尻尾を激しく振り出す。
偶然ではなくてそれが毎日だから、もう信じるしかない。
彼には私達が出す微弱な波動を受け取るアンテナが内蔵されている。
そして私も含め生き物は何かしら思っていることや感じていることを波動として外部に発しているのだろう。

私はすっかりアンテナの感度が悪くなっているから、霊感はもちろん無いし、身近な人が発するSOSも感知することすらできなくなりつつある。
どうやったら感度があがるんだろうか。←またひとつ悩みが。



イヌ | 21:15:30| Trackback(0)| Comments(0)
8000円!
20050515145817.jpeg


なんとイヌのカット代が8000円もするのだ。
カットだけではなくて爪切りや耳掃除など他のお手入れもしてくれるのだが、やはりイヌごときに8000円もの出費はもったいないというか、高いなぁと思ってしまう。
自宅でカットできるようにとシェーバーなども購入したが、クリクリ毛のトイプードルの毛には扱いが難しくてやはり上手くいかない。

なので諦めて伸ばし放題にしているのだが、たった2ヶ月でこのありさま。(写真ではあまり良くわからないが、かなり毛玉ができてます。)
六甲山牧場(註;神戸市にある観光牧場)の羊のようにゴワゴワでボサボサ。遠くから見るとふわふわしているようで可愛いが、近くで見ると毛玉だらけで実はドレッドヘアー状態で醜い。
そろそろ限界かなぁと思いつつも、私自身も4ヶ月も美容院に行っていないのでまずは人間様から整えさせてもらわなくては。

ていうか、セレブ犬でもないくせに家族の誰よりもヘアーカット代が高いってのが許せない。
あと1ヶ月くらい放置するしかないな。


イヌ | 15:07:30| Trackback(0)| Comments(2)
餌食に・・・
犬のトイは今春真っ盛り。
愛玩犬で家の中で飼っているので(毎日散歩はするが)、お年頃のためどうやら悶々としているらしい。
去勢手術をなんとなくしないでいたのだが、その弊害?いや自然の摂理には逆らえないようで、かなり可哀想な境遇になっているのかもしれない。

最近どうも気が立ちやすいようで、昨日は人間達が留守にしている間にちょっと美味しい味の付いていた(チャーハンを作ったので)しゃもじを齧りまくり、ついにはボロボロにしてしまった。
かわいそうに餌食になってしまったしゃもじ。

今日の餌食は娘の響子。
スカートをはいていたということもあり、イスに座って勉強をしていてもご飯を食べていても常に足に絡みつきヘコヘコしまくっていた。さすがに気持ちが悪いとみえ、イスに正座をしてかわしていたが、それでもひざの間に鼻をすりつけたりイスの周りをウロウロしたりとストーカー状態が続いた。
彼女が歩けば後ろを付いていくし、トイレに入ったら戸口でクンクン鳴く。
第三者の私は面白おかしく見学をしていたが。

でも明日以降もこういう状態が続いたら響子が可哀想。
人間の勝手でペットにされたトイも可哀想。
妥協の道はやはり去勢手術しかないかしら。

犬の気持ちは人間以上に良く分からない。

イヌ | 20:40:40| Trackback(0)| Comments(0)
春だから?
愛犬「トイ」は最近ちょっとおかしい。

それは散歩前。
1日のうちで寝ること、食べること、散歩に行くことしか予定がないために、朝起きてから「いったい今日はいつ散歩に連れて行ってくれるのだろうか・・」とこちらの行動を細心の注意を払って見守っている。私が口紅を化粧ポーチから取り出し、クローゼットに上着を取りに行こうとする頃から、ものすごいジャンプで喜びを表現する。
可愛いのだが焦らしてやりたくなるのは人情というもの。
しかし最近、焦らしている途中でじゃぁ~っ と、ものすごく大量におもらしをしてしまう。自分でも「しまった」と思って途中で止めたいようなのだが、栓が壊れてしまったようにとめどなく漏らしてしまう。後からひどく叱られることが予想できるようで、漏らしながらも「ごめん。僕が悪かった。許して。」というような媚びる目で私を見つめる。
(もちろん大変叱られてしまうのだが)

その他、私が外出から帰宅するといつものようにすごく喜んでスリスリと身体を寄せ付けてくる。「よしよし」とこっちも応えてやると、じゃぁ~っ と、またまたお漏らし。

トイレトレーニングは既に完璧に終了しているし、犬の2歳半といえば人間で言えば20歳代。そんなに簡単に粗相をするようなお年頃とは思えない。どうしたんだろう?病気かなぁ、と心配をしていたが、ひょっとしてという思い当たることがひとつ。

それは「春」という季節。
犬の恋の季節はいつかは私は知らないが、ここ最近トイの行動を見ているとそんな感じ。
人肌程度の棒状のものがあると抱きついてヘコヘコし始めるのだ。
きっと本能がぐぐぐっと頭をもたげて、理性が鈍っているんじゃないだろうか?(素人考えなので、ムツさんにでも聞いてみてよ!>ダンナ)


イヌ | 22:03:35| Trackback(0)| Comments(0)
前のページ